2007年03月12日

上達の早道は“信じる事”と“素直になること”!!

Act8を終えて、9を終えて、10に入りましたよ。
これを終えればいよいよ完結編です。
Act10になってようやく名画”第3の男”ならぬ、”第2の男”が登場しました。
どんなストーリーが展開するのでしょう?

結果が知りたくて、Act11は ざっと読んでしまったから私にとって、このAct10が事実上の最後の章。
楽しみです。

そして今更ですが“決めた教材を 素直に信じてついていく”事って大切だと分りました

私は正直言って、
“加速英語ACE”の教材で始めに紹介される
“語学学習モチベーション 成功への階段”の下記10項目は
超簡単で、これだけで大丈夫?と不安だったのです。 

だからアドバイスに逆らって

完璧を求め、Dictationしました。 
でも教材の後半にはいると ヒアリングに慣れてきて 
Dictationは無駄だったと知ったのです。

次にせっかくの教材を有効に使おうと思って

日本語を聞いて英訳を試しました。 
でも、これは 学校で試験に出てくるような英訳の域を出ないもので、その時間をもっとヒアリングに当て耳から体の中に入れるほうが 余程簡単で有効と分ったのです。

で、、加速英語の教本に 素直についていくのがベストだった。 
で、、自分に重圧を掛けるばかりの この“単なる徒労”が
“英語の上達しない理由”その物だったかも知れない。
と今感じております。


ここでもう一度、10の項目を確認しておきます。

@ 有能な語学の使い手になるのだという自信のあるビジョンを作る
A 各学習セッションの前に、深呼吸とリラックスを。
B 90分セッションを必ず守る。
C 個々の学習アクティビティは 大体20分をめどにする。
D 次の過程に進む前に、前のアクティビティを10分間復習する
E 学習は週に3,4回 '少しづつを頻繁に’
F 場面をリアルに演じてみる。
G 場面を視覚化し、大きな声で言ってみる。
H 終了の日付を決め、達成したら自分に褒美を!

ボスの亜加根さん、仲間のFuさん、エージさん、他の皆さん、お元気ですか??
posted by wild pig at 16:11| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。