2007年01月29日

中断しているけれど 

期日を迫られた仕事が入り、
加速英会話ACEはNO8でちょっと中断しています。

本当は1月中旬に終わるはずなのにまだ1/4残っています。

ところで、私 ”涙なしの英単語”という無料メルマガをとっているのですが、つい先日 加速英会話の推薦文が送られてきました。
先日このブログで書いた例のWEBでならうものです。
“もう知ってるよ”と得意な気持ちと、
何か身内の事を褒められた様な気もちで嬉しくなりました

残り1/4、2月中には完遂するつもりです。
応援よろしくお願いします。
posted by wild pig at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

 Coffeeは コーヒーではない。

 Act8は Yujiと Dianaのロンドンツアーです。
彼らは遊んでばかり。旅費もおじさんが出してくれるし、
うらやましーー!!
写真見ながら、一緒にツアーに参加している気分で楽しんでいるけれど、
Yujiが“いけめん”でないのが 唯一現実的?

お酒は飲めないけれど、ベストビターって飲んでみたい。
ラガーってキリンの商標かと思っていました。
主人もお酒を飲まないので、全くお酒音痴です。

でも外国人って お酒を飲めない人いないのでしょうか?
ぐでんぐでんに酔う人も見たこと無い。
手土産と言えばワインが多いし、、、
ビールが 日本のよりかなり薄いとはきいたけれど
水のように飲むみたい。
最近の若い人たちは ワインに慣れているでしょうけど 
飲めない中年のおじさんおばさんは 海外に行く時
多少ワインの種類位は勉強した方が良いかもしれない。

飲み物と言えば、マクドナルドで “コーヒー”を頼んだら
“コーヒー?”と聞き返すので“イエス”と答えたら
なんと“コーラ”が出てきた。
私の発音は多分 普通に“コ” そして唇を噛まずに“ヒー”
店員はコークといったらしい、、、
人づてに フィにアクセントを置いたら通じたとも聞いた。
"coffee"より“cafe”の方が良いのかも知れない。

外来語だからそのまま通じるだろうと思ったのは間違いでした。
己の発音の悪さと、ヒアリングの悪さと 
思い込みの危険を思い知らされた一件でした。



posted by wild pig at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

地下鉄に注意。

モニター期間が終わったらリンクを辿っていく余裕が出来ました。
それで とりあえず、一番身近な“加速英語”関係の 
本店?支店?サイトに行ったら、あったのです。
私達がモニターしている教材をなんと1500円/月で
webから利用できるサイトが。
http://kasoku.jp/

こんなものがあるといいな、これはひょっとしたら売れるかも? なんて
素人が考えることって,もう既に誰かが考えて商品化されてるんですよね。

ところでACT8です。地下鉄の事をflatと初めて知りました。

私もワシントンで地下鉄に乗ったことがあります。

私達は50代のおばさん2人と若い女性2人の4人連れでしたけど
出口で目指すホテルはどちらだろうと 少し戸惑ったのです。
そしたら“どこへいく?”と声をかけてきたおじさんが “教えてあげる”
としつこくついて来るのです。
ついにホテルまで。
そして“明日の予定は?近くだから車もあるし案内するから”と。
“明日は友達と合流するから”と嘘を言ってその場を切り抜けたのですが
次の日も チャンとホテルに来ているのです。これは怖かった。
こちらは 4人だから数では勝っていたけど、
連れて行かれたところに仲間がいたなんて話、聞いたことあります。

でも、アメリカは怖い、、、ばかりでもありません。
私、自慢ではないけれど、2度財布を置き忘れたのです。
1度はスーパーで買い物したあと、 
カートの中へいれたまま駐車場に置きっぱなし。
慌てて取りに戻ったらちゃんとあったのです。
しかも私が取り出すのを見ていた人が
“You are lucky ! !”て 声をかけてくれて。
そういえば、やはりスーパーの前で氷で滑った時も 
“Are you OK?” って声掛けられたっけ。

もう1回は 競馬場で。
忘れた場所を思い出せず 
手当たり次第に電話したり尋ねたりしてカードも取り消してもらい 
自己嫌悪に陥っていたところ、
競馬場の黒人の係員さんが見つけて保管してくれていた。
賭け事で熱気あふれる人たちとは離れた場所だったのも幸いだったけれど。


アメリカは、油断もすきも無い治安の悪い国じゃなかった。
と油断だらけ、すきだらけの私は深い感慨を覚えたのでした。
posted by wild pig at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

日の丸と星条旗

明けまして、おめでとうございます!

遅いって!
もう明けてから11日過ぎた!

そうです、モニターが終わった時から脱力。

でも今日は 1月11日。
1が三つも付いて 1日よりもおめでたいのだぞ!
と勝手に理屈をつけて
この縁起の良い日を ブログ始めの日とします。

今年の目標は

加速英語のテキスト完遂

ではなく

ブログを頻繁に!です。

昨日から15日ぶりに 加速英語を始めました。 
ACT8です。
Scene1.2.3を聞きました。

それぞれのSceneが ラジオ劇だと 
ほんの一分足らずだと今になって知りました。
CDの戻しボタンをポンと押すと
丁度ワンフレーズ位戻る。
聞きなおしする時の目安です。
そんな事分っていた!!???
余計なお世話でした。

今年は私がアメリカで体験した事を
少しづつ披露しようかなと思っています。

まず、今日はアメリカに降り立った時の感想(シカゴ空港)

アメリカンフラッグです。確か一本ばかりではなかった。
成田空港でこんな感じで日の丸をみかけたかしら???と
その後も アメリカ国内ではあちこちで星条旗を
見かけるのです。スーパー、ガソリンスタンド、、、

想像してください、
日の丸がこんなに街にあふれていたら、、、と

国旗に対するアメリカ人と日本人のイメージの違い。
これは、なぜかと考えたのです。

で、イギリスから独立する為に戦った先祖を持つ国民と
神様から授かった国に住む国民の違いかな?と

前者は国を国民一人一人が戦いで勝ち取ったという意識。
だから国旗は自分達の誇り。

後者は神がくれた国をお上が戦いで勝ったり、負けたり、
そして結局お上が負けたという意識。
だから国旗はお上のもの。誇りなどもてない。

こういう私も 今年還暦を迎えるというのに
戦争を知らない世代。教えられなかった世代。
戦後50年を経て いろいろな資料が解禁される中
遅ればせながら、正しい“歴史認識”を
しなければいけないと思っている。

 
posted by wild pig at 15:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。