2006年10月19日

日本語のように話したい

英会話をなぜ習うかというと、外人さんに日本語で話すように英語で話したいと思うからですよね。

それで、、、何となく聞き取れたのだけど、、、
いや意味は完全に分っているはずだけど、、、 
とっさに応答する英語が出てこない、、、
そんな事ってありません?、、、
私、実は、、、そんなことばかり、、、。
ACEを始めた人たちもそんな人ばかりだったらうれしいな??
と思って書いてます。

でも、朗報を!(私だけに適応するのかもしれないけれど)

ACT2でヒントを得たのです。
私の苦手は 前置詞と副詞,
go up to, walk over to,look out at,,,
このように字で見れば簡単な英語なのに なぜとっさに出てこない?
出てきても toを抜いたりupを抜いたり。
一つくらい抜いたって意味分りそうなのに駄目なの?
でも、不思議と何回か口に出していると 
副詞と前置詞が 細かな情景を表しているのがわかったのです。
ということは 副詞と前置詞だけでもうまく使う事で
表現が広がるかな? と 発見。

そしてACT3 
今度はあいづちの言葉が たくさん出てきました。
これは日本語でも苦手なのですが
that’s right, no problem, Great, that’s fine
これだけでもスムーズに 口から出てきたら 
少なくとも会話で2,3秒の間が持てて、
その間に少しでも、
次の会話を考えるゆとりが生まれるかな?
という。発見

“speaking は 中学程度の英語で話せる”と聞いてはいたけれど、
このことだったのかもしれないと 思った次第です。

何か、少し滑らかに英語が口から出て来そう、、、という予感、、、
乞う御期待!
posted by wild pig at 00:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

たいへんだ!

たいへんだ! 
Aceをやらないまま
もう4日過ぎました。
10日のローテーションを 
7日に加速しなければ、、、
だから、、、
きょうは書くことありません、、、
加速英会話って 
予定を加速する事、、、??
posted by wild pig at 10:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

英会話で大切なものは“視覚”、、、

ACT2の、いよいよ最終に迎えたテキストの問題、、、
ACT2に出てくる場面のほんとう?うそ?を問うもの。
全問正解なりませんでした。
あれほど、メモリーマップの効用が言われていたのに
考えてみればメモリーマップを使ったのは1,2回でした。
Buffetの食品とテーブルの食品をチャンと視覚にとらえておけばよかったのに、、、
ごちゃごちゃでした。

今回私が重点を置いたのは 会話のdectation。
ヒアリング力を、、、と思って加速英語の指示に従わなかった私は馬鹿だった。
 
“英語”の聞き取りにとらわれて “会話の内容”が置き去りだったと思う。

でもこうして反抗を企てるチャンスもくれる教材には感謝。

以下、他にもチャンスがあるよ
* 同じ会話で 3パターンの録音は 色々な使い方が出来る
* 会話分が英語と日本語で見開きになっているのは どちらかを隠せる
* 文が短いのは 暗記しやすい(記憶力があれば)
* 各シーンが短いのでCDで リピートしやすい。

でも、ACT3は 指示通りにいくつもりです。

posted by wild pig at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。