2006年09月28日

笑っちゃいました (加速英会話ACE)

笑っちゃいました。
コンサートレビュー。

日常会話をよくもこんなダイナミックに!
会話の内容も 朝食のメニューも 
我が家とそんなに変わりないのに
こうやって会話にしたら
台所がレストランに変わり
我が家も明るくなりそう

丁度、昨日観たテレビ映画“華麗なる賭け”での
今は亡き憧れのスティーブ マックィーンに

主人公を置き換えることも出来るし

家の旦那様に換えて 現実に戻る事も出来る。

ACT1のレビューは 寝る前に聞いたら
いつの間にか眠ってしまったけれど

ACT2は 寝る前に聞いたら 
おなかがよじれて目がさえてしまいそう。

でもこういう風に照れずに続けていたら
絶対英語うまくなりますね。
場面が頭の中にくっつきそう。

今日はブログ書く予定ではなかったけれど
書かずにいられなくて、、、
posted by wild pig at 20:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

英語を習うと自分が日本人だと分る (加速英会話ACE)

予定より3日遅れて 教材のACT1が終わりました。

感想は:

第一に 
予定より遅れてショック。

第二に 
メモリーマップの描きかたに 一寸ショック。

これがイギリス式? というか西洋式?

左から逆S字に メモリーの絵が移っていく。
これは、英語のスペルと同じ為?
日本の漫画は 普通上から下に行くので 最初は戸惑った。
絵と絵の間に仕切りも無く、説明文も上にあったり、下にあったり。


メモリーの派生していく図が放射状
放射状は良いのですが、その先に グループを普通、四角や丸で囲みたくなりません?でも 加速英語ではこれは野放図。

そういえば、アメリカもそうでしたけれど、
ローマなども中心に向かって放射状にある道路が結構あるのですよね。
それが、、、唐の都は碁盤の目だった。
そして、日本も。

アメリカの住居に隣家との境の塀は余り無いけれど、
日本は塀が無いと落ち着かない。

西洋人の発想は外に向かって、日本人は内に向かっているのかも、、、?

なんて、ブログを書いていると 分析しすぎて 
テキストの進み具合が遅れることが 今、分った。

次は ACT2を終えてからにしよう!!
  
    
    
    
posted by wild pig at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

加速英会話ACEは 己の傲慢さを気づかせてくれる

加速英会話ACEは 教材に入る前に目標を達成する為のプランの立て方を説明してくれています。
と言うか、もうプランが作られています。

傲慢の@
でもプランは自分に合わせて自分で作るもの! と ざっと教材に目を通して、、、
いつもの事ですが、私はプラン作りに時間をかけすぎる癖があり、、、
で、苦労の末、出来たプランは?

教材に載っているプランを活用して“ただ日付を記入するだけ”

私の無駄な抵抗は “階段の図”を描くことに気づかなかったことであっさり敗退です。
これだけで違うのですね。
それと“一日これ位の勉強量だったら続けられるのだけど それで本当に大丈夫だろうか?” という不安がありました。

そういえば、学校でも分りやすく面白く教えてくださる先生とそうでない先生ってありましたっけ。
さらに自信を持たせてもくれる、良い先生に出会ったような気分です。

傲慢のA
実は教材のACT1は 余りに易しそうなのでパスしようと思いました。
でもせっかくあるのにもったいない。
CDかけて ふんふん、分る、分る、なんて安心もつかの間、、、
えっ?今なんて言った??
そして、簡単と思ったフレーズも とっさには出て来ない。

だから、今 ACT1の Scene3までを あせらずに 指示どうりに進めています。
更に、何と文法の説明も付いていて 忘れていたことを思い出させてくれる。
でも、aとthe、 単数、複数は いまだ、めちゃめちゃです。
そんな細かい事という 傲慢さもこの際捨てるべきですね。

傲慢のB
このサイト皆が見ていると勝手に思って先日は“若者達へ、、、” なんて書いたけれど
云十万、云百万ってあるブログの中で、、、傲慢でした。反省しています。
posted by wild pig at 10:28| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

英会話上達を願う若者達へ

日本人は何年習ってもなぜ英語が上達しない?

教育が悪かった、、、
英語に堪能な先生が居なかった、、、
その結果として、、、
ひょっとしたら、、、
いまある私は、典型的な見本??

ならば、今希望に燃えている青春真っ只中の人達に
私の過去の英語遍歴を披露すれば 反面教師として 役立つかもしれない!

という訳で、、、
ところが絵文字は苦手なので、、、
それと“字”や“言葉”は“英語の上達”と同じで使わないと退化する!
国語は大切にしたい! とシニアは実感するので
絵文字は使わないぞ!(負け惜しみとは言わないで!)

以下、半世紀に亘るので、、、年代ごとにする。

1960S:
中学、高校時代はテレビ英会話 新学期になると今年こそ!と思うのですが。毎年5,6月号のみ。
その後、商社に就職、社の広報誌が漢字とカタカナだけだったのでかなりカタカナに慣れる(外来語に強くなった??)
大阪で万博、外国への憧れはピーク。
当時会社に売りに来た“○○ガフォン”の英会話教材購入。
テープ1,2本聴いただけ、、、今も教材は大事にしてある。

1970S: 
結婚、家事、育児に専念。英語は消える

1980s:
三度目の干支を迎えて これからの人生は?と考えたとき、収入源として続けてきた書道をこれからは自分の為にも深めたいと書道に専念。
今度は 書きながら聴くスタイルで、ラジオ英会話の5,6月号に代わる

1990s:
日本経済の成長につれて アメリカとの経済摩擦。
戦後50年にして 今度は経済戦争始まる?
1995年:
その波及は主人のもとへ 突然のアメリカへ赴任の知らせとなる。
そして2年後 私は50歳でアメリカへ渡ることになる。

夢を持ち続ければチャンスはおとづれる!と この時、実感

そのとき購入したのが“スピー○ラー○○○”これはいい!毎日聞いていたら絶対うまくなる! と思ったけれどやはり3巻までしか使ってない

アメリカでは 英語なしでも過ごせる生活、 有料ESLに半年 無料ESLに 約2年。
3年半で帰ることになったのだけれど それだけ居れば いくら本物英語はネイティブ先生のみとはいえ 
英語ぺらぺらでしょ!って 皆に言われたのも仕方ない、、、私もなれると思っていた。

2000年に
帰国してはや6年になる。2年前にレベル確認の為TOEIC講座を受け、受講前模試で410、受講後520。
試験なんて云十年ぶりと、弁解したいけれど、今もう一度模試やっても410近辺でしょうね。

以上が私の履歴

以下は弁解を思いっきり、、、言わせて貰う

@○○ガフォンは 解説が分厚い本で“勉強の時間”と言う気持ちにさせられてしまう
Aスピー○ラー○○○は なれてくると 日本語が邪魔になってくる、、、たった3巻で生意気なと思われるかもしれないが、、、そんな気がした。手元にあるから ACEを終わったら またやろうかと思うけど、だったら○○ガフォンの方がいいかな?とも思う。
Bラジオ英会話は 続けられれば絶対お奨め。2002年に収録しただけのテープとMDが未だにある。
C脳の細胞が減ってきている

という訳で
教材の手持ちはいっぱいあるけれど

加速英会話
は 私の過去の教材に無かった

@ 画像がある、
A 解説が簡単、
B 日本語が先に来るから自分の会話を試せる 
C 期間限定 
という 長所を持っている

それを武器として今度こそチャレンジに成功したいと思っている
posted by wild pig at 15:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

初めてのブログ

初めてブログが出来た。と言っても、seesaa.net に登録したらあれよ、あれよという間に 知らないうちに出来ていたという感じ。
でも影で助けてくれた人がいることは知っている。
とても感謝しているけれど
果敢に色々なアイコンに挑戦しているわたしの無謀な力も大きいぞと密かに自負している。
posted by wild pig at 09:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよSTART!

朝10:00頃 “加速英会話ACE”の教材がいよいよ届きました。
“開けたい”と、はやる気持ちと“開けたら後には引けない”という脅迫感
一瞬たじろいだけれど、、、開けました。

昼食前に 秘訣を18ページまで読みました。
ふんふん、なるほど、、上達しそう、、、。
でも 11冊と CD22巻。
4ヶ月で終了が目標だから、割ると 1月に3冊と5巻、、、 
一日にすると、テキスト10ページ位づつ??
単語は一日10個覚えようと書いてあるけど 半分は次の日に忘れるから  次の日はノルマが15個になる?これって 鼠算式に増えていく??

でもあせるな、と書いてあるのがなんとも頼もしい。
posted by wild pig at 09:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。